日本職人によるおすすめのレザーアイテムブランド・GANZO(ガンゾ)
Home » GANZO(ガンゾ) » GANZO(ガンゾ)のSHELL CORDOVANシリーズについて
ribbon

GANZO(ガンゾ)のSHELL CORDOVANシリーズについて

「SHELL CORDOVAN」は米国ホーウィン社で作られたCORDOVANのみを指します。
ウマの尻から採れる革で、二枚貝を開いたような形状から「SHELL(貝殻)CORDOVAN」と言う名称が付いています。
生産量の少ない革素材のため、市場に出回るのはごくわずか。
そのSHELL CORDOVANを外装に用いたGANZO(ガンゾ)のSHELL CORDOVANシリーズの財布は入荷待ちになるほど人気があります。
長財布も2つ折財布もCORDOVAN独特のツヤがあり、透明感があります。

素材で勝負。
エイジングをシンプルに楽しめるよう、このシリーズには余計な装飾がありません。
シンプルなデザインで物足りないと感じるかもしれません。
もちろん、コバやステッチまで職人の手による最高の仕事がなされていることは言うまでもありません。
しかし、やはりSHELL CORDOVANで一本勝負。
流行やブランド名の力を借りずともアイテム本来の力で惹きつけられる、とGANZOにも自信があるが故のデザインなのでしょう。
そしてその通り、多くの人を魅了してやみません。

ポケットの内側や金具一つまで、見えないところまで行き届いている、という日本ブランドならではのこだわりを積み重ねて出来上がっていると言っても良いでしょう。
GANZOのコンセプトにある「時を重ねるほどに、輝くもの」。
使い込むほどに内装のヌメ革もあめ色に深みを増し、CORDOVANがより引き立つようになって行きます。
それは実際に持つ人にしか分からない楽しみであり、喜びでもあります。
SHELL CORDOVANシリーズは共に時を重ねるアイテムとして最高です。

GANZO(ガンゾ) | 11月07日更新