日本職人によるおすすめのレザーアイテムブランド・GANZO(ガンゾ)
Home » GANZO(ガンゾ) » GANZO(ガンゾ)のTHIN BRIDLEシリーズについて
ribbon

GANZO(ガンゾ)のTHIN BRIDLEシリーズについて

英国J&Eセジュイック社製のブライドルレザーを使用したGANZO(ガンゾ)のTHIN BRIDLEシリーズ。
馬具用の革を開発したのが始まりと言われています。
安全に馬を操るためにはしなやかで頑丈な革である必要があるため、肉厚な革にロウを染み込ませて密度を高めるという技法で作られています。
密度を高めた硬い革であるため、持った時に重厚感があり安定感があります。

買ったばかりの使い始めの頃や、しばらく使わずにいるとBloom(ブルーム)とよばれる白い粉が表面に出てきます。
このままでもヴィンテージ感があるので好まれる方が多いようです。
ブルームは使用しているうちに自然になじんでいきますが、使う人の好みで拭きとってしまうこともできます。

さて、頑丈で肉厚な革ということはそれだけ加工が難しいということです。
THIN BRIDLEシリーズはそんなことを感じさせない完成度で作られています。
縫製も熟練の職人による手作業で行われており、コバも切り目仕上げで美しく仕上げられています。
金具もファスナーの歯一つ一つまで磨き上げられているという徹底ぶりです。

THIN BRIDLEシリーズには、財布、ベルト、鞄と様々なアイテムが発表されています。
革自身がブルームによって常に表面の乾燥を防いでいるため、メンテナンスの頻度が低くて良いということもあり、日常使いに適したシリーズと言えます。
最初は硬い質感ですが、使い込むことでくったりとした質感に変化していきます。
このシリーズはエイジングが分かりやすく、使い込んだ実感が湧きやすいということもあり愛用者が多いです。

GANZO(ガンゾ) | 08月30日更新