日本職人によるおすすめのレザーアイテムブランド・GANZO(ガンゾ)
Home » GANZO(ガンゾ) » GANZO(ガンゾ)の取り扱う革の種類
ribbon

GANZO(ガンゾ)の取り扱う革の種類

革の品質にも定評があるGANZO(ガンゾ)。
GANZO製品に使用されている革をいくつかご紹介しましょう。

CORDOVAN(コードバン)
馬の尻部分の革から採れるCORDOVANは馬革の一割しかない貴重な素材です。
繊維密度が牛革の3倍と高く、CORDOVANとして使える層を削り出さなければならないため、革のダイヤモンドとたとえられる存在です。
しなやかでツヤがあり、吸い付くような手触りはファンを魅了してやみません。

SHELL CORDOVAN(シェルコードバン)
米国ホーウィン社で作られたCORDOVANのみが「SHELL CORDOVAN」を名乗ることができます。
ただでさえ貴重なCORDOVANの中でもさらに希少なSHELL CORDOVAN。
製造数が少ないこともあり、扱うことができるブランドは限られています。

THIN BRIDLE(ブライドル)
ブライドルという言葉は、馬の顔に装着する馬具という意味です。
馬を思い通りに扱うためには十分な強度と操作性が必要なため、それに応じた革が使われてきました。
革の表面にBRIDLE特有のBloom(ブルーム)と呼ばれている白いロウが浮いています。
このロウは落とすことも可能ですが、使っていくうちに自然に落ちて行きます。
ロウが落ちるとツヤのある肌が出てくるので、その変化も楽しめる革です。

CALF DEER2(カーフディア2)
カーフは生後6ヶ月以内の仔牛の革のことです。
柔らかく、きめ細かで最上級と位置づけられる牛革です。
革自体が薄く、キズに弱いということもありデリケートです。
こまめに手入れする必要があります。

GANZO(ガンゾ) | 06月01日更新