日本職人によるおすすめのレザーアイテムブランド・GANZO(ガンゾ)
Home » GANZO(ガンゾ) » 革小物好きなら見逃せないGANZO(ガンゾ)
ribbon

革小物好きなら見逃せないGANZO(ガンゾ)

革製品で国内最高峰と言われているブランドがGANZO(ガンゾ)です。
2001年に株式会社AJIOKA.が立ち上げた日本のブランドです。

品質が良いのに知名度が低いのが不思議なくらいです。
日本の職人が手がけているため、見えないところまでしっかり作りこんであります。
そのため普段から使っていても型崩れすることがありません。
革も海外の一流タンナーから仕入れたものが使われており、革自体の寿命も長いです。
また、希少価値が高く、貴重な革素材であるSHELL CORDOVANを扱うことができる数少ないブランドということもあり、その点からも信頼を得ているようです。

デザインもベーシックでシンプルなものが多く、長く使うことを前提として作られていることがわかります。
上質な革は使い込むことでツヤ、触感の変化、色の深さが増すなどの、エイジングという変化を楽しむことができます。
エイジングは革の部位やそのときのコンディションによって違いが出てくるため、一つとして同じものがなく、その個性が革製品ファンにはたまらないものなのです。
GANZOの革製品は長く使うことができるため、このエイジングを楽しむにはこの上ない条件がそろっているのです。

ハンドメイドならではの「素朴さ」や「ゆるさ」といった言葉に甘えることなく、精密さを追求した結果、GANZOの製品は国内外からも評価さる品質となってきました。
GGANZOという言葉は、フィレンツェの方言で「素晴らしい!」という意味です。
品質はブランド名が表すとおり素晴らしく、これからますますファンが増えていくブランドだと思います。

GANZO(ガンゾ) | 05月24日更新