日本職人によるおすすめのレザーアイテムブランド・GANZO(ガンゾ)
ribbon

GANZO(ガンゾ)のSHELL CORDOVANシリーズについて

「SHELL CORDOVAN」は米国ホーウィン社で作られたCORDOVANのみを指します。
ウマの尻から採れる革で、二枚貝を開いたような形状から「SHELL(貝殻)CORDOVAN」と言う名称が付いています。
生産量の少ない革素材のため、市場に出回るのはごくわずか。
そのSHELL CORDOVANを外装に用いたGANZO(ガンゾ)のSHELL CORDOVANシリーズの財布は入荷待ちになるほど人気があります。
長財布も2つ折財布もCORDOVAN独特のツヤがあり、透明感があります。
(さらに…)

GANZO(ガンゾ) | 11月07日更新
ribbon

GANZO(ガンゾ)のTHIN BRIDLEシリーズについて

英国J&Eセジュイック社製のブライドルレザーを使用したGANZO(ガンゾ)のTHIN BRIDLEシリーズ。
馬具用の革を開発したのが始まりと言われています。
安全に馬を操るためにはしなやかで頑丈な革である必要があるため、肉厚な革にロウを染み込ませて密度を高めるという技法で作られています。
密度を高めた硬い革であるため、持った時に重厚感があり安定感があります。
(さらに…)

GANZO(ガンゾ) | 08月30日更新
ribbon

GANZO(ガンゾ)のCORDOVANシリーズについて

かつて農耕馬から採られていたCORDOVANですが、現在は農耕馬自体少なくなってしまったので食肉用の馬から採られています。
それでも世界で一ヶ月数千頭。
さらにCORDOVANは馬の革の中で1割しか採れない尻部分の革のため、非常に希少な革であることが分かります。
筋肉繊維が細かく、密度が牛の3倍もあるため、触ると革とは思えないほどの滑らかさです。
(さらに…)

GANZO(ガンゾ) | 08月03日更新
ribbon

革製品の取り扱い

GANZO(ガンゾ)の公式ホームページにある革のお手入れページでは革製品のメンテナンス方法を紹介しています。
大まかな流れとして4ステップ。

1.ブラッシング
ブラッシングか乾拭きで汚れ落とします。
ひどい汚れやシミになっているところはバックスガムを使います。
(さらに…)

GANZO(ガンゾ) | 07月11日更新
ribbon

GANZO(ガンゾ)の代表的な製品

GANZO(ガンゾ)では様々なシリーズが発表されています。
そんな中でもいくつか人気のシリーズをご紹介しましょう。
各シリーズの商品は、こちらの公式通販サイトで確認できますよ。
GANZO(ガンゾ)公式通販 TORATO

GUD(グイディ)シリーズ
100年以上の歴史をもつタンナー、イタリアのコンチェリア・グイディ&ロゼリーニ社製の牛革カーフが使用されています。
牛革の中でも最高級と言われるカーフを使っているだけあって、手触りは柔らかくクセがありません。
また、透明感のあるツヤはグレイジングという仕上げを施すことで出すことができるものです。
そしてタンニン鞣しをすることで素材の風合いを活かした革となります。
このシリーズは丸みのあるデザインで女性にも人気があります。
(さらに…)

GANZO(ガンゾ) | 06月09日更新
ribbon

GANZO(ガンゾ)の取り扱う革の種類

革の品質にも定評があるGANZO(ガンゾ)。
GANZO製品に使用されている革をいくつかご紹介しましょう。

CORDOVAN(コードバン)
馬の尻部分の革から採れるCORDOVANは馬革の一割しかない貴重な素材です。
繊維密度が牛革の3倍と高く、CORDOVANとして使える層を削り出さなければならないため、革のダイヤモンドとたとえられる存在です。
しなやかでツヤがあり、吸い付くような手触りはファンを魅了してやみません。 (さらに…)

GANZO(ガンゾ) | 06月01日更新
ribbon

革小物好きなら見逃せないGANZO(ガンゾ)

革製品で国内最高峰と言われているブランドがGANZO(ガンゾ)です。
2001年に株式会社AJIOKA.が立ち上げた日本のブランドです。

品質が良いのに知名度が低いのが不思議なくらいです。
日本の職人が手がけているため、見えないところまでしっかり作りこんであります。
そのため普段から使っていても型崩れすることがありません。
革も海外の一流タンナーから仕入れたものが使われており、革自体の寿命も長いです。
また、希少価値が高く、貴重な革素材であるSHELL CORDOVANを扱うことができる数少ないブランドということもあり、その点からも信頼を得ているようです。 (さらに…)

GANZO(ガンゾ) | 05月24日更新